ギター初心者のためのプチ音楽理論!ドレミファソラシとCDEFGAB

ギターのヘッド

こんにちは、サラリ万太朗です。

今日はギター初心者のためのプチ音楽理論ということで、ドレミファソラシについてお話ししたいと思います。

どうも、サラリ万太朗です。 社会人のみなさま、毎日お仕事ご苦労様です。 社会人たるもの、仕事でストレスはつきものですよね。 しかし...

ギターを始めるとまず教則本なんかで出てくるアルファベット。

『C』とか『E』とか『F』とか。

あれって実はドレミファソラシを表しているんですね。

『ドレミファソラシ』はイタリア語

みなさんが小学校の頃から音楽の授業などでなじみのある『ドレミファソラシ』はイタリア語なんです。

それに対して日本語では『ハニホヘトイロ』、英語では『CDEFGAB』となります。

ギターという楽器を始めると、もちろん『ドレミファソラシ』は使いますが、『CDEFGAB』の英語表記も頻繁に使うことになるので、覚えておいた方がよいと思われます。

  • 『ド』=『C』
  • 『レ』=『D』
  • 『ミ』=『E』
  • 『ファ』=『F』
  • 『ソ』=『G』
  • 『ラ』=『A』
  • 『シ』=『B』
  • 『ド』=『C』

ということになります。

どうでしょうか。

英語表記は『A』から始まるのではなく『C』から始まるので少しややこしいですが、慣れるとすぐ『ド』は『C』、『ラ』は『A』とすぐ出てくるようになります。

知っているのと知っていないのとでは上達のスピードに差はでるか?

これから少しずつギター初心者のプチ音楽理論を紹介していこうと思いますが、ギターの上達にはもちろん練習あるのみですが、簡単な理論を知っているのと知っていないのとでは上達の速度も変わってきます。

もちろん知らないよりは知っているほうが頭の中でいろんなことがつながるのでよいと思われます。

あまり多くの難しいことは一度に紹介しないつもりですので、楽しくやっていきましょう!

サラリ万太朗でございました。