今日は私、サラリ万太朗の趣味・特技でもありますギターの練習方法について紹介します。

 

特に初心者さんができるだけ早く上達する練習方法についてです。

 

僕はエレキギターとアコースティックギターを持っていますが、特にアコースティックギターがメインです。

 

知人のお店などで弾き語りなどサラリとさせてもらっていて、自分では趣味程度でいるつもりですが、ギターを弾けない人から見れば充分特技としても見れそうなくらいは弾けると思っています。

 

今日は、なぜ僕がギターを始めたのかと、そしてそのギター暦、また初心者がとにかく早くギターを上達させる方法について紹介したいと思います。

 

ギターが弾ける人の始めた理由やギター暦などは、初心者さんがこれから練習する上でとても参考になりますので、よかったら僕のギターを始めた理由やギター暦などもそんなに長くはないですので参考にしてみてくださいね。

 

万太朗のギター暦について

ギターを持つ

 

サラリーマンになる前、つまり学生のころに音楽とは関係のない別の活動をグループでしていました。

 

しかし、訳がありそのグループから離れることになりました。

 

グループでの活動がなくなり寂しくなったので、バンドを組んで音楽活動をしてみたいと思い、今まで楽器など触ったこともないのに安いエレキギターを購入。

 

教則本などを購入して簡単なコードを覚えたら、今度はアコースティックギターがほしくなり、次もまた初心者用の安いアコースティックギターを購入しました。

 

そしてこれがまたギターを買った人のよくある行動なのですが、ギターをちょっと触っては弾きたい曲を完全に弾けないまましばらく触らなくなり、そしてまた「あ、この曲弾けたらいいな」と今度はまた別の曲を練習するために触りだす。そしてまた完全に弾ききれないまま、またしばらく触らなくなる。

 

これの繰り返しです。

 

しかもそのしばらく触らない期間が数年間で、触りだして練習する期間が数週間。。。

 

これは本当にひどいです。

 

そんなことをずっと繰り返しながら、サラリーマンになり今にいたるといった感じです。

 

衝撃の出会いでギター技術の向上

出会い

 

社会人になり、仕事も覚えて、後輩や部下もできて、サラリーマンとしてもそこそこのポジションには来ました。

 

しかし肝心のギターはぜんぜん上手くならないまま趣味は?と聞かれればギターと答えていました。

 

今にして思えばそのときはただギターを持っているだけでした。

 

所有しているだけと言った方がいいでしょうか。

 

この頃で僕のギター暦といいますか、ギター所有暦は15年ちょっとといった感じでした。

 

ところがある日、職場の人事異動で、後に同僚となるこんな人に出会いました。

 

「趣味はギターなんです。1年ほど前にギター教室に通い始めて、始めは弾けなかったんですけど、今ではそこそこ弾けるようになったんです。動画も撮ったりしてるんです。」

 

自分のギター暦(所有暦)と比べてしまい、へぇ~。初心者かぁ。と思いつつ、興味があったのでその動画を見せてもらうことにしました。

 

始めて1年ちょっとでそんなに大したことはないだろう、そしたらなんと、

 

僕よりはるかに上手いっ!上手すぎるっ!!1年でこんなになるんかっ!?

 

衝撃的でした。

 

きっと彼のギターが上手くなりたい、この曲を弾けるようになりたいという情熱が、1年で彼をそこまでさせたのでしょう。

 

僕はギター暦こそ彼より長くて、当然自分の方が上手いだろうと思っていた自分に恥ずかしくなったのと同時に、そこでギターへの向上心に火がついてしまったのです。

 

本当にその日からほぼ毎日、仕事から帰ってきたら数時間はギターを触るということを繰り返しました。

 

彼より上手くなりたい!

 

この自分の好きな曲を完全に弾けるようになりたい!

 

その一心だけで。

 

その出来事が功を奏したのか、わずか1ヶ月で自分の弾きたい曲を2曲マスターし、今では普通に弾き語りができるほどにまでなりました。

 

初心者がギター上達するためのコツ

教わる

 

先に言ってしまうと、とにかくギターが上手くなりたいという情熱とモチベーションの持続が上達への近道だと思っています。

 

  • この曲が弾けるようになりたい
  • 弾き語りをしてみたい
  • 弾き語り動画をYouTubeでアップしてみたい

 

どうなりたいかという情熱を持って毎日練習することです。

 

地道かも知れませんがそれが最大の近道なのです。

 

そしてこれから以下の3つの方法をご紹介しますが、これらの方法と組み合わせることでさらに最速でギターが上達していくことになります。

 

3つすべてを実践する必要はありません。

 

自分にできるものを1つでも多く取り入れることで、より上達するということです。

 

ただしこの中でも僕は、最後の3つ目に関してはぜひ初心者さんにはおすすめしたい方法ですので参考にしてみてください。

 

【方法1】いいギターを1本持つこと

 

初心者さんにおすすめしたいのが、すべてセットでそろって数万円という練習用の安いギターを買うのではなく、いきなりギター単体だけでもウン十万円もする高額ないいギターを買ってしまうことをおすすめします。

 

それこそ海外でも有名なブランドで、国内の多くのアーティストさんが所有しているようなGibsonやMartinのギターを購入してしまうとかです。

 

高額なギターを買ってしまうことで、「途中でやめてしまうのはもったいない」という気持ちになり、必然的にとにかくやり続けることになるのです。

 

先ほど紹介した同僚も、いきなり30万円もするMartinのギターを購入していたのです。

 

ギターを始めるにあたって、まだギターを持っていないのなら、この方法をおすすめします。

 

アコースティックギターなら石橋楽器店! >

 

【方法2】上手い人から教わる

 

練習方法ですが、やっぱり自分が弾いてみたい、またはこの曲を弾けたらいいなと思う曲を完全に弾けるようになるまで練習することです。

 

1曲完全に弾けるようなったら、また次の違う曲を練習し、またそれも完全に弾ききれるようになるまでやめないことです。

 

私はこれまでずっと、教則本なんかを読みあさりながら独学でギターを練習してきましたが、上手い人に見てもらったり、やはりそんな人に教えてもらうことも近道の一つだと考えています。

 

自分が行き詰っているところや、こうした方が上達するなど、的確なアドバイスがもらえるからです。

 

もし周りにギターが上手くて教えてくれる人がいない場合は、それこそギター教室に通うことも一つの方法です。

 

私も途中からギターを習いたかったのですが、中途半端に自分で弾けるようになってしまってたので、「今さらなぁ。。。」と思うようになり、結局今でも独学を続けています。

 

実は習いたいなと思った時期に、無料体験レッスンをいくつか受けたこともあります。

 

その結果、自分は独学を続けようと思ったのです。

 

ただ、いくつか無料体験レッスンを受講して思ったのですが、何人か講師の先生にお会いして、自分に合う先生もその中にはいたので、「自分が初心者だったらこの先生に教えてもらいたかったな」と思ったことです。

 

もちろん無料体験レッスンなので費用は一切かかりませんし、1回の体験レッスンだけでも目からウロコなとても参考になることもありました。

 

そんな先生に出会えたら当たりなので、いくつか無料体験レッスンを受けることも私はおすすめしています。

 

マンツーマンのアコースティック ギターレッスン

上手い人から教わることで、自分が行き詰まっているところが解決されます。

 

【方法3】自宅で学べるギター講座

 

僕が一番おすすめしたいのが、自宅で学べるギター講座を受講する方法です。

 

僕の経験からですが、これが一番ギター上達への近道となり無駄にお金を使うこともないと思われます。

 

上手い人から教えてもらえればもちろん上達は早くなります。

 

しかし、初心者さんの多くは教えてもらうのが恥ずかしいといった人がほとんどではないでしょうか。

 

もちろん独学だけで上達するのが理想だと思いますが、そこには限界があります。

 

間違ったところや行き詰まったところを教えてくれる人がいないと先に進むことができないからです。

 

僕もそれを解消するために先に述べたような無料レッスンに通ったくらいです。

 

しかしそこから先もレッスンを受けるとなると、お金が結構かかります。

 

初心者さんが、ギターをそこそこ弾けるようになるまでに受けるレッスンの一般的な費用は、入会金・楽譜代・レッスン料・交通費・雑費などを含めて、約16万円ほどになります。

 

しかも毎日レッスンに通うことなんかほとんどなく、月に数回のペースなので、マスターするのに数ヶ月かかったりします。

 

また仕事帰りなどにレッスンを受けるとなると、仕事が予定どおりに終われなかったら時間を変更してもらったりキャンセルしなければなりません。

 

それに、その日の自分のモチベーションも左右されますからね。

 

じゃぁ、独学で教則本のみで早く上達するのか。

 

独学で教則本だけで済まそうとすると、これがまた結構遠回りだったりします。

 

僕もネットなどで人気のある教則本など、数えたら30冊以上も買っていました。

 

しかし、そのうち完全に終わらせた教則本は1冊もありません。

 

すべて、ほとんど最初のほうだけで半分すらやっていないものがほとんどです。

 

1冊安くても2,000円くらいの教則本です。

 

30冊以上なので、合計6万円以上も使ったことになります。

 

しかし、自宅で学べるギター講座だとこれの半額ほどで済みますし、不必要な教材や教則本をあれこれ迷ってたくさん買うこともないです。

 

レッスンのように通うこともなく、自分の好きなときに好きな場所で受講ができるので、気持の負担も軽減されますし、個人差はありますが1ヶ月もあればギターが弾けるようにマスターすることも可能です。

 

30日でマスターするギター講座 教本&DVDはこちら >

 

最後にまとめ

アコースティックギター

 

僕は「この曲を弾きたい!」「この曲を弾けるようになりたい!」というモチベーションを維持したまま、できるだけ毎日練習をすることが、ギター上達への近道だと思っています。

 

そのためには、いいギターを1本持ち、場合によっては上手い人からのアドバイスが必要だと思っています。

 

弾きたい曲を1曲弾けるようになるだけでもずいぶん違いますよ。

 

大げさでもなんでもなく世界が違って見えます。

 

友人に弾き語りを聞かせてあげることもできます。

 

知り合いのお店に友人を呼んでライブなんか開いたりしたら本当に気持ちがいいですよ。

 

ギターを弾けるようになったことで、自分に自信だって出てきますし、周囲からも憧れの対象として見られることになります。

 

自分に新しい才能が一つ増えたことで、異性に対しても自信が出てきますし、仕事に対しても僕はモチベーションが上がりました。

 

この喜びをこれからギターを始めようとしている初心者さんにもぜひ味わってもらいたいです。

おすすめの記事